大筆 地 一休園 [A-009]

大筆 地 一休園 [A-009]

販売価格: 3,024円(税込)

希望小売価格: 3,780円

数量:

商品詳細

毛質 純羊毛
直径×穂丈 9×48mm
軸径×軸長 11×210mm
硬さ(柔⇔硬) 1・・3・4・5
用途 半紙4〜6字・行書・草書
商品特徴 中級者以上向け

行書・草書の半紙用としてお使いください。
柔軟な線が出ます。


使いすすめるうちに、穂先は磨耗します。
これは穂先の鋭さが特徴の欧法筆には致命的です。いままでのようなシャープな線が出なくなってきたと思った時、それがその筆の寿命といえるかもしれません。

お客様がその筆を愛し、長く使いたいと思っていただけるなら、同じ筆を3〜5本購入されることをお勧めいたします。
それらを交互に使い分けることによって、筆は休息中に息を吹き返し元気になります。

伝統工芸士 
中 川 聖 峰

伝統工芸士とは
伝統的な技術・技法によってつくり出された熊野筆。昭和50年には毛筆産業として全国で初めて通産大臣より「伝統的工芸品」の指定を受けました。熊野筆の 製造に12年以上携わり、筆作りにおいて高度な伝統的技術を有する筆司もにが通産大臣より伝統的工芸士として認定されています。
日本一の筆の町を支えているのは職人の技です。現在、熊野町には約二千人もの「筆司(ふでし)」と呼ばれている筆づくりの技術者がいます。なかでも 40〜50年もの間筆づくり一筋に取り組む「伝統工芸士」といわれる筆司は、全国の書道家の特注品を手掛ける程の筆づくり名人です。
女性2人を含む二三名の筆司が伝統工芸士として活躍し、数々の名品を世に送り出しています